女性器の形を変える

医者

小陰唇を縮小する手術

患者からの相談と手術が増えているのが、女性器に関する整形手術です。仙台にある美容整形外科においても同様の傾向が見られ、女性が女性器の形の悩みのために美容聖外科に相談にやって来るケースが増えているといいます。実は、あまり知られていないのですが、女性期にも個人差があります。その中で、大陰唇の内側にある小陰唇というのは刺激に弱いという特徴があります。摩擦が加わることで黒ずみやすく、そして、刺激が加わることで肥大しやすくなってしまいます。そのため、黒ずんで肥大した小陰唇というのは見た目があまり良くないのです。そのことを自分自身が気になったり、パートナーに指摘されたことにより気になってしまい、小陰唇縮小手術を希望する女性というのが増えているのです。仙台の美容整形外科クリニックで受けられる小陰唇の手術では、黒ずんだり肥大した部分を切除し、大陰唇に収まるように縫合するというシンプルな手術です。手術自体は難しくないことから、片側につき30分程度で完了します。

初めて小陰唇の縮小手術をする場合には、肥大したり黒ずんでしまった部分を完全に切除した上で、日本人女性の平均的な小陰唇のサイズにした上で、縫い合わせる手術方法が一般的です。仙台の美容整形外科クリニックでも小陰唇の縮小手術を行っていて、カウンセリングでは日常生活における不具合や悩みなどを聞いた上で手術に臨みます。小陰唇縮小手術では、小陰唇を切除するのみなので、この部分以外に影響を与えることはないです。切除する部分は小陰唇のみであることから、膣に影響を与えることは全くありません。注意したいことは、手術後の生活です。デリケートな部分の手術を仙台の美容整形外科クリニックで受けることになるため、術後の生活は医師の指導をよく守ることです。シャワーであれば当日から使用することができますが、入浴は雑菌が患部に入ることを考慮すると術後10日以降からが好ましいです。また、性行為は縫合部分がほつれてしまう恐れがあるので、術後4週間は行わないようにする必要があります。